髪を綺麗にしたい方も多くお使いいただいているBESHINEですが普通に使うのはもったいない!!
本日は炭酸シャンプーのただ洗うよりも効果的な使い方をわかりやすくお話ししていきます。


1、しっかり予洗いをする。
40度前後のぬるま湯で3分ぐらい時間をかけて髪の毛についている整髪料、汚れを洗い流しましょう。しっかり流せば半分以上の汚れは落ちると言われています。
Point
頭皮が濡れていないと滑りが悪くなり摩擦や傷つける原因になってしまいます。




2、自宅にあるシャンプーで軽めに洗う。
ある程度シャンプーで汚れ等を落としてあげると炭酸シャンプーの効果がより発揮しやすいです。指の腹でマッサージをしながら洗います。この時はあまり力を入れずに優しく揉み込むようにして洗います。




3、泡がついた状態で2~3分放置する。
先ほどのシャンプーをぬるま湯で洗いながしたら、炭酸シャンプーで優しく指の腹で頭皮を全体をマッサージしたなら、髪をまとめ上げ2~3分そのままにしておくと成分が行き届き、頭皮の汚れをとってくれたり、髪の保湿効果もあるのでオススメです。
Point
BESHINEの炭酸は、頭皮マッサージと併用することで顔のたるみの改善と抜け毛予防になります。炭酸だけではなく、頭皮を引き締めてくれる美容成分のパッションフルーツ・ビルベリーエキス・アーチチョークを贅沢に配合しています!
▶︎BESHINEの使用量の目安
ショート ピンポン玉1個分
ミディアム テニスボール1個半分
ロング オレンジ1個分



4、しっかり流しましょう。
洗い残しがないようにしっかりと3分ほどじっくりすすぎましょう!
こちらも同様にぬるま湯で頭皮まで浸透したシャンプーを洗い落とします。できるだけ髪に負担をかけないように首は下に傾けず上を向き、髪も上から下に向かった流すことをオススメします!
Point
しっかりと洗い流してあげないと頭皮に成分が残ってしまい、かゆみの原因になる事があるのでしっかり流して綺麗な状態にしてあげましょう!




5、最後はトリートメントで仕上げます!
最後に髪がロングの方は中間~毛先にヘアトリートメントをつけて髪の状態を整えます。頭皮にはあまりつけないようにすると自然なボリューム感もでるのでつけないことをオススメします。
Point
アウトバストリートメントをつけるときは、両手をこすり合わせて指の間にまでしっかりとトリートメントをつけること!そうすることにより髪に付けることで全体にムラなく行き渡らせることができます。



6、自然乾燥とドライヤーってどっちがいいの??
ドライヤーは熱で髪が傷みそうだから自然乾燥をしてる方もいると思いますが、髪の毛はすぐに乾かさないと水分が髪や頭皮に付着したままなので雑菌が繁殖してフケやかゆみや匂いの原因になってしまいます。それだけなく、髪の毛が濡れているとキューティクルが開いて傷みやすい状態になっています。そのため髪が濡れたまま寝ると枕の摩擦によってキューティクルが傷ついてしまいます。なので、自然乾燥よりドライヤーのほうが髪や頭皮にはいいんです。

▶︎乾かし方
髪の毛はタオルでこすり合わせないで、タオルで挟んで押さえるようにして水気を吸い取ります。
ドライヤーと髪の毛は20㎝~30㎝程離して当てます。
先に根元からドライヤーをあて、頭皮を乾かします。
次に髪の毛の流れにしたがって乾かします。
ドライヤーは1点を集中させて乾かすのではなく、風を散らすように動かしてください。毛先はダメージがあって乾きやすいので最後に乾かします。
Point
髪全体を冷風でクールダウンをさせることで、髪のキューティクルを引き締め、ツヤを出してくれます。
他にもドライヤーの熱によるダメージを緩和してくれたり、スタイリングが長持ちしてくれます。


炭酸シャンプーをした後は爽快感もあって気持ちいいですよね!
汚れもしっかり落ちるので健康な頭皮と髪を維持するためにとても良いものです。
1日頑張った自分にご褒美として炭酸シャンプーをするのもいいと思います。
BESHINEでしっかり頭皮のケアをして元気な髪の毛を育てましょう。