一度傷んだ髪は自然には戻らないため
シャンプーやトリートメント、ドライヤーを使った乾かし方などを
注意するポイントがあります。
髪を傷めないために注意するポイントやお手入れ方法を紹介します。

傷んだ髪は修復しない
自己修復機能を持つ皮膚などと違い髪というのは既に死んだ細胞です。
トリートメントなどによってそれ以上髪を傷めないようにすることはできます。

健康な髪を育てるには?
健康的な髪を育てるには頭皮ケアがとても大切です。
シャンプーの洗浄力が強すぎたり、頭皮の毛穴に汚れや皮膚が詰まっている状態は髪に栄養が行き渡らない原因になります。
これらは臭いやフケなどの原因にもなるのでしっかり頭皮ケアをしましょう。
髪は濡れた状態の時が最も傷みやすいのです。
摩擦によって髪のキューティクルは簡単に剥がれてしまい髪を傷める原因となります。
また、シャンプー後にタオルで水分を拭き取る時もできるだけ摩擦を与えないように注意しましょう。

NGな行動
髪が濡れている状態というのはキューティクルが開いた状態なので
濡れたまま放置すると髪を傷める危険性が高いです。
頭皮で雑菌が繁殖しやすくなるため臭いの原因になったり
頭皮トラブルの原因になります。
また、濡れた髪はデリケートなのでタオルや髪を洗う時の摩擦に気をつけましょう。