紫外線のダメージと言われると想像できるのが肌への影響!
でも、紫外線の悪影響は肌だけではないんです。

薄毛や抜毛、たるみの原因は紫外線のせい?!

お肌の紫外線対策には抜かりがないのに頭皮はどうでしょう?
あまり気にされていない方が多いのではないでしょうか?
お肌と頭皮は一枚の皮膚でつながっています。
紫外線が肌に当たると、肌の奥に入りこみ肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンが
破壊され肌は老化していきます。
これは頭皮も同じで、頭皮にダメージを与え、髪の成長にも大きな影響をおよぼします。

薄毛と抜毛の原因に!
紫外線によって髪の毛をつくる毛母細胞の機能を低下させます。
そのため、日焼けによって髪の毛が抜けたり、また髪の毛が生えなくなる薄毛の原因にもなります。
さらに、紫外線は頭皮を乾燥させるので頭皮が硬くなり血流を悪くなり抜け毛や細毛の原因にもなります。

紫外線を浴びた毛髪の状態とは?

紫外線は、毛髪内部のメラニンを分解するので、髪の毛が白茶色に変色してしまいます。
そして、それだけではなく紫外線は毛髪のたんぱく質を構成する、結合部分システィンに大きなダメージを与えます。
これによって、キューティクルがはがれやすくなりパサつき、ゴワつきを感じたり、枝毛、切れ毛が増えてしまいます。

これからできるできる事!
✔︎UV加工の帽子で通気性が良く、つばの広いものを選びましょう。日傘も忘れずに!
✔︎頭皮、毛髪用の日焼け止めを使用する
✔︎分け目を変える
髪型にもよりますが分け目は地肌が見えるので紫外線を直接浴びてしまうので頻繁に変えるなどの工夫をして頭皮を守りましょう。

日焼けをしてしまった時の頭皮の正しいケア
①頭皮を冷やす
紫外線に当った頭皮にシャワーで頭に水をかけ、冷やします。
濡れタオルや保冷剤を巻くのも効果的です。

②潤いを保つ
化粧水をたっぷりとつけ、乳液をつけます。
椿油やオリーブオイルも乳液の代わりになります。
こうする事によって、頭皮の乾燥を防ぎます。

③食事で取り入れる
血行不良になった頭皮を活性させるために、新陳代謝を上げてくれる食物を摂り、体の中からケアしましょう。
ビタミンA:レバー、チーズ、卵黄
ビタミンB:豚肉、牛乳、バナナ、納豆
ビタミンE:明太子、海苔、うなぎ

ヒリヒリとした日焼けの症状がなくても、長時間屋外にいた日は頭皮のケアを行うようにしましょう。