なぜ頭皮が汚れるのか?
皮脂は乾燥を防ぐ役割をしてくれますが、分泌量が多いと頭皮がベタベタしてしまいます。
皮脂とは、頭皮の毛穴から分泌されるものですが、体内の脂肪が多いほど体外に排出されます。

知らない間にも頭皮が汚れています!
頭皮の汚れは体内からではなく外出中にも気づかない内に頭皮が汚れています。
空気中のほこりや花粉が髪や頭皮にたくさんついてきます。
一度ついた汚れは落ちにくくアレルギーや頭皮のかゆみ、赤みの原因にもなりますので、頭皮の汚れをしっかり落としてドラブルを防ぎましょう。

頭皮トラブルの改善策
1,
シャンプーの前にブラッシング
   からんだ髪をほぐし、髪や頭皮に付着したホコリやフケ、抜け毛や汚れをとりましょう。
   髪の根元からブラシで引っ張ると、切れ毛や毛根にダメージを与えてしまいます。
   ブラシはゆっくりと動かしながら、毛先から優しくほぐしましょう。
   毛先がほぐれたら髪の真ん中、根元へと順番にブラッシングします。
2,洗髪時に気をつけたいこと!
   40度程度のお湯で3分程予備洗いをしましょう。
   泡立ちも良くなり、シャンプー時の髪の摩擦が減りより汚れが落としやすくなります。

頭皮の汚れをそのままにしておくと、頭皮が炎症を起こしたり、痒くなることも。
自分では中々気づけない頭皮の汚れを正しいケアで、常に綺麗な頭皮を保ちトラブルを防ぎましょう。