この乾燥する季節になると、特にひどくなる悩みと言えば手荒れ!
特に毎日水仕事をする主婦の方や調理師、美容師・理容師などには
特に手荒れに悩んでいる人は多いですよね。
うっかり手のケアをサボっていると、
ささくれやひび割れ、あかぎれ、場合によってはしもやけになる事も・・・
原因を理解
し手荒れとさよならしちゃいましょう。


冬に手荒れが起きやすい原因とは?

冬の寒さや冷たい水は、血の血行不良を招きます。
肌も乾燥しやすく肌表面で水分を蒸発を防ぐ皮脂の分泌も少なくなります。
さらに汗をかかないので肌表面に水分が補われません。
それによって肌の機能が低下してしまいます。
かといってお湯を使うと余計に皮脂膜やセラミドが流されてしまい、
乾燥が酷くなってしまいます。


手荒れの改善方法

ハンドクリームでケアする
ハンドクリームでこまめな保湿をして乾燥対策をしましょう。
オーガニックで香りが良い商品もたくさんあるので選ぶのも楽しいですね。

家事の時はゴム手袋をする
料理や洗い物、洗濯をする時はゴム袋などを使用する事で
水や洗剤に直接手を触れなくて済みます。

外出の時も手袋をしよう
外出時の冬の寒さは厳しいものがあるので、手袋を着用して手を守りましょう。
手袋をうまく使う事で、こまめな保湿ケアと乾燥対策になります。


ハンドクリームの効果的な塗り方

塗る前に手を温める
化粧水と同じでハンドクリームも肌が温かい状態の時に塗る方が浸透力が増します。

手の甲にクリームをつけ、温める
夏場はクリームが柔らかいのですが、冬など寒くなる季節はクリームがかたくなります。
手の甲と甲を合わせてクリームを柔らかくし、肌を痛めないようにしましょう。

甲から指先へハンドクリームを広げる
指と指の間は閉じた状態で、右手の甲で左の指を、左手の甲で右の指を。

指を1本ずつマッサージする
親指にほんの少しハンドクリームを出し、人差し指とねりねりしながら温めます。
温まったら、左の親指から1本ずつマッサージ。
根元から指先へ3回ほど、ちょっと指をひっぱるような感覚で塗ります。

⚠︎手に傷がある場合、治療系以外のハンドクリームを使用する時は傷口につかないように注意しましょう。

冬だから仕方ないと諦めずに、冬だからこそ健康で美しい肌を維持することを目標に
ふだんの生活で出来ることを実践しましょう。