秋はハイキングや登山に出かける行楽シーズンですね!
そこで気を付けたいのが紫外線です。
「でも、紫外線って夏だけじゃないの?」
と思っている方も多いかと思います。

秋にも紫外線があり、
油断していると白内障などの原因に•••ヾ(;´Д`)ノ

白内障とは?
水晶体が加齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。
水晶体は通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁り
視力が低下し、最悪失明してしまう眼の病気の事です。

 

なぜ紫外線が白内障の原因になるのか?
紫外線が眼の中に入り、角膜を透過し
紫外線は水晶体で吸収されます。
長年紫外線を浴び続けると水晶体のタンパク質に
変化が起こり濁ってきて白内障になってしまうんです(´`;)
紫外線を眼に浴びると白内障だけでなく他の眼の病気や
症状に繋がる事もあるので注意が必要です。

顔や肌の紫外線対策は大事ですが
目も紫外線から守ることが大事です。

ツバが広い帽子や日傘やサングラスをしても
紫外線は反射し散乱して隙間を狙っているんです。

楽しい行楽シーズンに紫外線を気にして
楽しめないなんてもったいない(´・ω・`)
BISET WHITEで紫外線を気にせず
思いっきり行楽シーズンを楽しみましょう!